スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】
| スポンサー広告 |
7日目 最終日
いよいよ最終日の3月3日(火)。
飛行機は夜飛ぶので、それまで観光はバッチリ続きます。
最終日はゆっくりめの8時出発。
そしてバスに揺られ、ディンケルビュールへ到着。

bl2297.jpg

ここは10世紀に水郷で囲まれた城塞都市として開かれ、13世紀以降はローテンブルクと同様に自由都市として栄えました。
戦争中でも難を免れたため、中世の町並みがそのまま残っています。
何でも子供たちが活躍したとか・・・。
今でもそのエピソードがお祭として残っているそうです。

bl2298.jpg

近くでは水鳥や白鳥まで優雅に泳いでいましたよ。

城壁を越えて町に入れば・・・
bl2303.jpg

なんともカラフルな建物がっ!!
bl2300.jpg

聖ゲオルク教会のすぐ横にある、神学者で児童文学者のクリスト・フォン・シュミートの像。
bl2301.jpg

かわいいパン屋さんの看板。
bl2299.jpg

素敵な小道。
bl2302.jpg

華麗な切妻のあるお家が5棟並んで立つ一角。(5棟写っていませんが)
なかでもドイチェスハウス(たぶん向って一番右・・・)は正面から見ると7層の構造になっているルネサンス様式のどっしりとした木組の家で、ロマンティック街道でもっとも美しい建物と言われています。現在はホテル、レストランとして利用されています。
bl2320.jpg
何でもここはユースホテルの発祥の地だとか。

そんなかわいい町を後にしていよいよ最後の町、ローテンブルクへ向います!







【2009/03/18 】
| おでかけ | コメント(3) |
<<ローテンブルク | ホーム | 6日目 ノイシュバンシュタイン城へ>>
コメント
もうもう・・・タメイキしかないです!!
ドイツは(も)憧れのまま、踏み入れたことがないので、息をつめて見入っちゃいました!
すてき~~~♪
で。ドイツの食事は全般的にどうですか?
ぷぷぷ・・・やっぱり気になるのは食事の質なんですよ(笑)

モカシック!!と聞いて、以前お聞きした留学時の話を思い出しちゃいましたよ^m^
【2009/03/18 09:42】
| mica [ 編集] |




可愛い街ですねー。
リルカさんの撮る風景写真は、なんだかとっても優しくて、
見ているだけで和みます。
切り取る角度がかわええです。
やっぱりヨーロッパは町並みがすてき・・・
久々にいきたーい!ってパソのこっちで側で
盛り上がっています。
【2009/03/18 14:58】
| 菜雪 [ 編集] |




◆micaさん
私もそうでした。
このきれいな町並み・・・まるで絵本の中のようです。
ドイツのホテルでのコーヒーはアメリカンでした。
フランスではよくドリンクバーにあるような、エスプレッソだのカフェオレだの選べるタイプだったのに、ドイツではどーんとポットにおいてあるだけ・・・。
食べ物はそれほど悪くなかったですよ。
ソーセージは焼くより茹でて食べる方が多いんですって。
是非、ドイツ料理をご賞味あれ~!
モカシック・・・ええ~何をお話ししましたっけ・・・。
忘れている私(´∀`;A

◆菜雪さん
そうなんです。ドイツにはこんなかわいい町があるんですよ~。
感動でした。
私はもう夢中で何も考えず、とりあえずシャッターを押しておこう、みたいなものなのでそう言っていただけると本当に嬉しいです。
菜雪さんは南国・・・というイメージですが、ヨーロッパもなかなかですよ!
お勧めです(*´ω`*)
【2009/03/19 00:55】
| リルカ [ 編集] |




コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。