スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】
| スポンサー広告 |
5日目 フランス→ドイツへ
3月1日(日)。今日は移動日なので朝早いです。
ホテルを6時30分に出発して、フランスの新幹線TGVに乗ります。

bl2241.jpg

パリ東駅からストラスブールへ。
私、てっきりこれでドイツの国境を越えるものと思っていましたが、どうやら違うようです。
bl2242.jpg

最高速度は日本の新幹線よりも早いとか・・・。
私たちはセレブツアーではないので、2等車にちんまり。

bl2243.jpg

そして約2時間ちょっとで、フランスの北東部、ドイツとの国境に位置するストラスブールへ到着。

bl2244.jpg

ストラスブールはその名も「道の町」という意味を持ち、中世には南北を結ぶライン川と東西を結ぶ街道が交わる場所にあるため、多くの人と物が行き交って発展した町。
そのため、フランスとドイツの間で取り合いになり、5回も国籍が変ったとか。
今ではフランスに落ち着いたようですがね。

bl2249.jpg

イル川に囲まれたわずか1平方kmの中州にこの美しい町があります。
川沿いには可愛らしい木組の家々。
その町の中心には、バラ色をしたノートルダム大聖堂が建っています。

bl2246.jpg

12世紀後半から260年もの歳月をかけて建設されたゴシック様式の傑作。

bl2240.jpg

正面の壁には「石のレース網」と絶賛される繊細彫刻にびっしりと覆われています。
ちょうど今日は日曜日なので、中で礼拝が行われていました。

bl2247.jpg
中のステンドグラスも有名みたいです。が、礼拝中なのでそそくさと退散。


町の中には自転車専用道路や信号まであります。
自転車優先道路上は歩行者も避けなければいけません。
bl2245.jpg

隅の方で絵を描いている婦人。
bl2250.jpg

今日は日曜日なので、お店は殆ど閉店・・・。
かわいいお店がたくさんあったのに残念。

逆光ですが、女の子がビールを飲んでいる看板。
bl2251.jpg

お馬さんがお水を飲んでいる看板。
bl2253.jpg

かわいい町中に近代的な路面電車が走っていたりもします。
bl2252.jpg

そして私たちはここで昼食。
やはりドイツっぽいメニューのシュークルート。

bl2248.jpg

キャベツを塩漬けして発行させ、香辛料や豚肉と共に白ワインやシャンパンなどでソーセージなどと一緒に食べるアルザス地方の伝統料理。
オリジナルマスタードを付けて食べました。
マスタードはわさびのようにピリカラタイプで、鼻にツンときます。

デザートはりんごの丸焼き・・・。
せめてアイスとかシナモンとかかかっていればと・・・残念です。
写真には撮ってません。

さて、いよいよこれから国境越えです。



【2009/03/14 】
| おでかけ | コメント(2) |
<<5日目 続き | ホーム | 4日目 パリフリー>>
コメント
映像で見るのではなく
現地でその場に立って見れるということは
幸せですよね~~
街並みを大事にするってやっぱり必要なのね。
リルカさん、看板もほんとステキですっ!
パリなどのお店のドールハウスを作れたらなぁ~~!
【2009/03/16 09:40】
| nanamama [ 編集] |




◆nanamamaさん
そうですよ~!!
nanamamaさんだったら、パリのお店のドールハウス作れると思いますっ(≧∪≦)
だってあんなんに凝ったミニチュアをお作りになられるんですもの!
ぜひぜひ~~~♪
【2009/03/17 00:42】
| リルカ [ 編集] |




コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。