スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】
| スポンサー広告 |
マリと子犬の物語
今日から封切られた映画「マリと子犬の物語」。
テレビのCM・宣伝、色々やっています。
観たいのはやまやまなのですが、CMを見ただけで泣ける私が映画館へ行ったらボロボロになること確実なので観には行きません。
DVDが出るのをひたすら待ちます。

ストーリーは2004年の秋に起きた新潟県中越地震で、地震の当日に出産した犬のマリがその子犬たちをたった1匹で守り抜き、人々に感動を与えた実話が元になっています。
地震大国の日本では、いつどこで大きな地震が起こるかわかりません。決して他人事ではないのです。
3年前の出来事ですが今もまだ完全復興した訳ではないですし、この悲惨さを忘れてはいけません。

救助は人間優先で動物たちは悲惨な現場に取り残されます。
救助された飼い主を乗せて飛び立つヘリコプター・・・それを懸命に追いかけるマリ・・・もうここで私は毎回号泣なのです。
だって本当に切なそうに空を見上げるマリなんですもの?。
子犬たちももちろんコロコロとしてかわいいのです。
ああ、観に行きたい!!でも行けない・・・。
どなたか涙腺を止める方法を教えてください!

mari-movie.jpg


【2007/12/08 】
| 映画 | コメント(6) |
<<シルバニア・ガチャ | ホーム | ガーデンマスコット>>
コメント
リルカさん、こんにちは。
(こちらこそ、先日はどうもありがとうございました(*^-^*)
 そして、調子に乗って長時間おつき合いいただいてしまい
 申し訳ありませんでしたm(_ _)m)

私も、この映画のCMを観ただけで既に
キューッと涙腺が刺激されました・・・
ええ、映画館へ足を運ぼうものなら多分、
BOXティッシュ1箱空くと思われます。

いざという時の災害時は、やはりどうしたって
“人間優先”となってしまうのが現実と言うか
人間社会の身勝手な考え方だと思います。
確かに人間には思考能力があり、その意志を
言葉にすることも出来るが故に、いつの間にか
この地球の支配者のごとく振舞うようになりましたが、
言葉を持たない動植物、虫や微生物も
“命を持つもの”に変わりはありません。
彼らがもし、人間と同じように言葉を持っていたなら、
どんな気持ちを伝えて来るでしょうか・・・
“人間さえ助かれば、それでいい”などという
驕った考え方をしていたら、いつか人間は
そのしっぺ返しを喰らうだろうと思わずにいられません。
(って、話が映画から逸れてしまいました、
 済みませんf(^_^;)
【2007/12/10 12:03】
| フラワー [ 編集] |




この映画のCM、見たことがないんですよ~。なぜに?関東だけでしょかね~・・・。

リルカさんの日記を読んだだけで
もう、あかんわぁ~。
【2007/12/10 14:03】
| nanaママ [ 編集] |




昔からわんこの物語は苦手です
そう 絶対号泣しちゃいますもんねぇ

最近は特に涙腺が弱くて~
感受性が強くなったのか(爆) 年のせいなのか・・・

見たいけど 見れない! ですよね
【2007/12/10 18:45】
| くぅママ [ 編集] |




◆フラワーさん
こんばんわ~♪
いえいえ~、本当に嬉しかったです。
それに楽しいお時間をありがとうございました。

フラワーさんも涙腺ゆるゆるですか?
震災の時はどうしても動物たちは後回しですよね。
でもやはり実際震災で亡くなった方もいますし、そんな余裕があったら人間を・・・となりますよね。
しかし、動物は生きることにとても一生懸命です。自殺をするのは人間くらいなもので、他の動物たちは生きることに貪欲です。
地球が滅ぶとしたら以外に人間なんてあっという間にいなくなって、他の動物が生き残るかもしれませんね。
それにしても、この映画は感動はもちろんのこと、色々と考えさせられることがたくさんあると思います。

◆nanaママさん
これはですね、日本テレビ・・・関西では読売テレビかしら?で流れていると思います。
ああ、でも関東と関西では違うのかしら?
関東では日本テレビでしつこい^^;くらい流れているのですが・・・。
それがまた泣かせるシーンだったりするのですよ~。・゚・(*ノД`*)・゚・。

◆くぅママさん
私も、最近では(元からかも)涙腺が緩んで緩んでちょっとしたことでも号泣ですわ。
特にこのような映画は外では無理です。
ワンちゃんの表情だけでウルウルですぅ~。
【2007/12/11 00:36】
| リルカ [ 編集] |




私も行きたいけど行かれないなあっと思っているひとりです。
映画館で予告を観るたびにもうウルウル…(もう4回くらい映画館で予告観てるんだけどねえ。苦笑)。
でも実際にあんなことが起きたら、ぴょんを置いてなんて絶対できないっ。
だったら一緒に残る!なんて言ったら、すっごい迷惑なヤツなんだろうね。でもできないよねえ。
【2007/12/12 09:10】
| Tomoko [ 編集] |




◆Tomokoさん
わお!Tomokoさんもお仲間だわぁ~。
そうですよね、小さな地震が来てもすぐにモカを抱っこしてしまいますし、もし大きな地震がきてもTomokoさん同様モカを置いていくことはできないと思います。
でも、うさちゃんならこっそり一緒に連れて行けそうですよね^^。
一番いいのは地震なんか来ないことなんですけど・・・。
【2007/12/13 01:40】
| リルカ [ 編集] |




コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。