スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】
| スポンサー広告 |
ダ・ヴィンチ・コード
日曜日の夕方、今やブームの「ダ・ヴィンチ・コード」を観に行ってきました。本は未読の鑑賞です。
ちょうど土曜日の夜に、テレビでダヴィンチ・コードの特集を見ていたので、キリスト教に詳しくない私でもすんなりストーリーに馴染むことができました。
ロケーションは夜のルーブル美術館、パリやロンドンの教会や寺院といろんなところを移動します。
ダヴィンチ・ツアーが大人気なのも納得で、私も今すぐにでもそのツアーに申し込みたくなりました。
私は映画の軸となっている部分よりも、ダ・ヴィンチの最後の晩餐に隠された意味やモナ・リザの背景などの解釈の方が面白かったのですが、映画ではあっという間に終わってしまいます。
俳優のトム・ハンクスはターミナルの時と違ってシリアスで、アメリで有名になったオドレイ・トトゥも終始眉間に皺を寄せている感じでユーモアは一切なし。その二人が次から次へと現れる追っ手からひたすら逃げているという印象で、最後の謎解きも「で、だから?」と言いたくなってしまいました^^;
宗教って何でしょうね。戦争も迫害もなく、世界中の人々が幸せに暮らせる世界は来ないのでしょうか?
人間って悲しい・・・
私がこの映画を観てあんまりピンとこないのもキリスト教に限らず、宗教に縁がないし関心もないので仕方ないかもしれませんが、まぁともかく説明が多い映画でした。

20060523010610.jpg


ちょっと関係ないお話ですが、この映画館のチケットは全席指定です。私はちょっと早めに行って真ん中あたりの席を買いました。そして開演10分前に席についてポップコーンを口に運んでいたときのこと。
前の列に男女の若いカップルが左斜めに座っていました。そしたらご年配の夫婦らしい人がチケットと席を見比べながらやって来て、その前の席に座っていたカップルに何か言ったかと思うと、ひとつずつ席をずれて座りなおしました。
どうやら席を間違えて座っていたようです。
しばらくして、前から座っていた若いカップル二人がまた真ん中の席の方へ移動してきました。あれれ?全席指定のはずなのになぁ?と思っていると、その隣に座っていた年配のカップルも「どうせ観るなら真ん中の方がいい」なんていいながら、またずれてくるではありませんか!
マジで?なんて思いながらもいよいよ場内が暗くなり、色んな映画の予告に見入っていると、女性の二人組がチケットをもってやってきました。何やらヒソヒソと前の席あたりを見ながら何か話しているようす。
しかし、私の前の席の二組は知ら?ん顔をしているではありませんか!
そのうち女性二人は係りの人とやって来て、その係りの人が若いカップルへ「チケットをお持ちですか?」と声をかけました。すると彼らしき人が自分のチケットを渡すと、「全席指定になっております。後から来るお客様もいらっしゃいますので、ご自分の席へお座り下さい。」と注意され、4人が一斉に立ち上がり、年配のカップルはひとつ左へずれ、若いカップルは何処へ行くのかと思いきや、前方の左端へ座りました。
全く違う席だったのか!とそのふてぶてしさというかアホさ加減に大笑い!チケットを買うとき、どの辺が空いていて何処にするかということを聞かれるはずなのに・・・。
映画を観ているときも後ろの人は背もたれを蹴るし、左の人は家族連れでおしゃべりするし、観終わって席を立って出口へ向かう途中、飲んだジュースはそのまま置きっぱなし、食べた容器が椅子の上にあったりと、なんともマナーの悪い人が多かったことか・・・。
ガッカリだよ!(スケバン恐子こと桜塚やっくん風に!)
世界の平和よりまずは身の周りの平和が問題なのか!?
あれ?ハーレイ・ジョエル・オスメント君の「ペイ・フォワード」が頭に浮かんできてしまいました。
これ、泣くと聞いたので観てはいないのですが・・・。
なんとも悲しい世の中です





【2006/05/23 】
| 映画 | コメント(9) | トラックバック(0) |
<<フリースドッグ | ホーム | 最後の晩餐>>
コメント
残念ですよね。マナーって難しいですね。
せめて自分だけでも守ろうとしてます。
街中ならすれ違いだけなんでなだイライラするだけで済むんですが、映画館とかの同じ空間で2時間とか一緒にいたりすると…
ダビンチコード面白そうですね~☆
【2006/05/23 09:19】
| Leeさん [ 編集] |




ご覧になったのですね♪
映画化されると聞いたときは、誰が主人公だろう~~~(原作ではハリソンフォードを贔屓していたと思う)とワクワクでしたが。
ハンクスと知って「・・・・・」
イメージじゃなかったので。

ペイフォワードは、とてもいい映画でした。
当たり前のことなんだけど、その「法則」を忠実に守る人たちに思わず泣けますよ。
泣かせる映画なんですが、まんまと乗せられるつもりで。是非ご覧下さい♪
【2006/05/23 14:59】
| モカママ [ 編集] |




映画見てきましたかぁ
私も早く見たいなぁと思ってます
宗教の世界もドロドロしてそうで バチカンの神聖さもちょっと薄れちゃいますわ
ツアーも面白そう!

マナーの悪い人多いですね  ヽ(`Д´)ノ

【2006/05/23 21:48】
| くぅママ [ 編集] |




◆Leeさんへ
映画館によってもずいぶん違うと思いますが、本当にあの映画館にはびっくりしましたよ。それなら家でゆっくりDVD鑑賞のほうがよっぽどいいなぁなんて思ってしまいました。
Leeさんはこれ観にいく予定あります?
私はこれから本の方を読み始めます!

◆モカママさんへ
泣く映画はダメなんですよ。半端じゃなく泣くので頭が痛くなってしまって・・・。
ハリソンフォード・・・なるほど!男前で良いかも^^ 
でも映画ではそんな甘いムードはなかったですね。ひたすら逃げるという感じでした。
トムハンクスもなかなか良かったですよ~。

◆くぅママさんへ
ツアーは大人気だそうですよ~。
パリとロンドンだったらステキですよね。
おまけにイタリアもあったら最高なのに、と思ってしまいました^^
宗教も人の手が入って意図的に仕組まれたものだとしたら、不信感しかなくなりそうです。
宗教のためにどれだけの命が失われたかと思うとゾッとします・・・。
早くくぅママさんの感想も聞きたいわ~^^
【2006/05/24 00:14】
| リルカ [ 編集] |




ありがとうござぁいまぁすっ!

「すぶた」「ごん蔵」「リーティ」の里親でぃす!

こちらにコメ落として申し訳ないっす!

これからもヨロシクお願いしまぁす!!
【2006/05/25 18:50】
| ぶぅ [ 編集] |




◆ぶぅさんへ
いえいえ、コメントありがとうございます!
3兄弟さんとも、どうぞよろしくお願いします(o^ー^o)
【2006/05/25 22:01】
| リルカ [ 編集] |




リルカさん、こんにちは&お久し振りです。

ダ・ヴィンチ・コード、観に行かれたのですね♪
私は原作本を購入したものの、なかなか
読む時間が取れずにいますf(^_^;
映画も観に行きたいのですが、
これも実現出来るかどうか・・・

それはそうと、宗教&マナーの問題、
人間って本当、どうしてこうも
自己を押し通そうとしたがるんでしょう??
一人一人がほんの少しずつでも
他人を思いやる気持ちを持てたなら
そういった問題も少なくなって行くと
思うんですけどね。なかなか難しいですね。
【2006/05/26 11:06】
| フラワー [ 編集] |




この映画、評価が2分しますね
早く、観に行きたいです!
ツアーもいいなぁ~
宗教が絡むと世の中が難しくなりますね・・・
人間、エゴの塊ですから・・・
【2006/05/26 13:49】
| nanaママ [ 編集] |




◆nanaママさんへ
これ、本を読んでいないと厳しいかもしれません。
私は今上巻を読んでいますが、映画よりずっと面白いですよ。
カトリックについて知らないことばかりでしたけど、本を読んでちょっとは勉強になったかも。
【2006/05/26 23:52】
| リルカ [ 編集] |




コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lirumocha.blog8.fc2.com/tb.php/193-c99ddfd2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。