FC2ブログ
チャーリーとチョコレート工場
チョコレートと聞いただけでワクワクしてしまう私は早速「チャーリーとチョコレート工場」を観に行ってきました。それに主演は愛しのジョニー!(慣れ慣れしくてすみません。)本当に彼は出る映画出る映画、まったく別人のようになるのには驚きです。あの「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャックと同じ人だとは!それにもうひとつ言うなら、今回の彼の完璧な歯並びにはジャックの面影などミジンコほどもありません。まぁ、これには訳があるんですけど・・・。

監督によると人気のある原作本になるべく忠実に、だけどまた違ったストーリーをつけたしたとのこと。しかしあのティム・バートンにかかれば、どんなものでも彼の世界に見事に染まって行き、どんどん引き込まれます。
また、登場人物がみんな一癖も二癖もあり、冷や冷やしたりスカッとしたり笑ったり見ている方も忙しい。
私が一番気に入ったのはリスのところ!撮影には本物のリスを100匹用意し、その中で苦しい調教に耐えた40匹の本物のリスが演技しているらしいです。私も一匹欲しいなぁ?・・・(ウップス!)
原作には色々と言葉遊びがあるそうですが、それを日本語に訳するとどんな感じになるのでしょう。
そういえば登場人物の名前も変わった名前ばかりでした。

映画が終わる頃にはウンパ・ルンパの歌を口ずさみ、スキップしながら「めちゃうまチョコレート」を買いに行きたくなりますので、もしこれから観に行くのでしたらチョコレートを鞄の中に忍ばせておくのがお勧めです。
やっぱり人生に甘さは必需品!!
スポンサーサイト



【2005/09/15 】
| 映画 | コメント(7) | トラックバック(0) |
| ホーム |